クラミジアの有無は、顕微鏡では確認出来ませんので、男性の場合は、クラミジアPCR法でクラミジアの検出を行い、女性の場合は、子宮頚管から分泌物を採取し、クラミジアPCR法でクラミジアを検出して診断します。
そして、口腔内のクラミジア検査に関しては、患部を診させて頂き、症状が出ている部分をスワブでぬぐい、そのぬぐい液をSDA法で行う方法と、うがいを行って頂き、その液をPCR法で行う方法があります。

 

Screenshot of www.ikebukuro-higashi.com