乱ぐい歯

歯の大きさと、歯が並ぶアゴの大きさとのアンバランスにより、歯が並びきらず何箇所かで重なっている状態を乱ぐい歯といいます。アンバランスの程度が大き過ぎると永久歯を抜いて矯正治療で歯並びを改善することがあります。乳歯の歯並びでは、その後の大きな永久歯を生やすために”空隙”があるのが正常ですが、永久歯の歯並びでは隣同士の歯はきちんと接している状態が正常です。

 

Screenshot of fukatsu-shika.com